新しい家に住むときは、いろいろ気にするところがありますが、私にとってかなり重要なことだと思うのは、ご近所さんとのほどよい距離感ではないではないかと思います。あまり濃い関係になりずぎずのちょうどよい感じが良いのです。

賃貸住宅と違って新しい家に住むとなると、周りも一軒家が多いことが普通です。結果、末永くお付き合いをすることになります。なるべく波風を立たせないようなほどほどの接し方がよいと考えています。

町内会や地域の振興会には、声がかかったら積極的に参加する姿勢は大切だと思います。家族全員でおこなうのがベターでしょう。あとは挨拶も大切ではないでしょうか。どこで誰が見ているかわかりませんから、気持ちよい挨拶をすることがご近所さんを上手くやるコツになると考えます。

また、何かをしてもらったらお礼、迷惑をかけたらお詫びするといった基本的なことを守っていることも新しい家に住むときには、大切だと思います。さまざまな年代の人たちが住んでいますから、礼儀を正すことも重要なことなのです。