今の新しい家では、様々な要望に答えて家づくりができるのが素敵です。天井から壁、床まで自然素材をたっぷりと使ってはログハウスのようなデザインにできたり、子育てのしやすい段差も少ない家にすることができたりします。

そんな中でも、3世帯が一緒に暮らせる新しい家を建てる人も増えています。親とその子供、孫の代までが快適に暮らせる家を建てるのです。しかも無垢素材で小さな孫やお年寄りにも優しい家で、健康的に住める家を希望しているのです。

見た目は普通の三角屋根なのに、1階にはお年寄り、2階にはその子供、将来的には3階に孫が勉強部屋にできる部屋を造っています。

新しい家にはみんなで選んだ素敵な大黒柱を立てる人も増えています。しかも国産の大黒柱です。そんな国産の大黒柱なら、より思い出深いものとなり、個性ある新しい家にできるものです。また、機能的なことも考えて防水性や耐火性のことを考えた質の高い通気材も使ってくれるとのことでした。

やっぱり大黒柱があると、何だかその家の雰囲気は引き締まるものです。大黒柱に守られているような気分の生活ができ、とっても楽しい生活ができるものです。